糖尿病食宅配が安い

糖尿病網膜症とは、糖尿病の合併症の一つです。糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害と合わせて、糖尿病の3大合併症と呼ばれています。

 

この症状は、高血糖によって目の毛細血管に障害が起きる事が原因で起こります。毛細血管が出血等を繰り返す事で、網膜にも障害が出てきます。

 

自覚症状としては、最初に視力の低下が起きる事が挙げられます。更に毛細血管の出血がひどくなると、飛蚊症や急激な視力低下といった症状が出る場合があります。進行すると網膜剥離を引き起こします。糖尿病が原因となって起こる網膜剥離とは、網膜が前方に引っ張られて眼底から剥がれてしまうというものです。最悪の場合には失明に至ります。

 

糖尿病網膜症は一度かかると回復が難しい病気です。そのため予防に力を注ぐ事が重要になります。まず大切な事は、定期的に糖尿病の検査を受ける事です。糖尿病を早期発見出来れば、目に障害が出るのを未然に防ぐ事が可能になります。正しい血糖コントロールをして、糖尿病性網膜症は発症せずに済みます。